会議をしている人達
このエントリーをはてなブックマークに追加

投資を始めるには

お金を管理する

キャピタルゲインのチャンスもあります

上場不動産投資信託を保有するなら、いろいろな銘柄を持つようにしましょう。分散投資をすることで収入が安定するだけでなく、キャピタルゲインを得ることができるチャンスも高まります。上場不動産投資信託は実物不動産よりも価格の振れ幅が大きいという特徴を持ちます。また、株式市場に上場されているため、流動性も高く、売買が活発です。不動産本来の価格形成要因だけでなく、株式市場の環境によって価格が変動することもあるため、実力より投資口価格が安くなったり高くなったりすることがあるのです。こまめに投資をして安くなったタイミングで追加購入できるような体制を整えておきましょう。投資口価格は数万円から数十万円のものが多いので分散投資には適した金融商品と言えます。

いろいろな銘柄に投資をしておこう

上場不動産投資信託が登場して10年以上が経ちますが、今やその銘柄数は50を越えました。以前はオフィスビルやファミリータイプマンションに投資をするタイプの銘柄が主流でしたが、今では物流施設やホテル、ヘルスケア施設等、様々なタイプが登場しています。物流施設やホテル、病院や有料老人介護施設等は個人で投資をすることは至難の業ですが、これらから得られる収益を上場不動産投資信託を通じることで得ることができるのです。不動産は安定した投資商品と言われますが、その不動産の中でもオフィスビルと物流施設やファミリータイプマンションでは家賃の変動の仕方が異なります。いくつものタイプを保有しておくことで経済環境によるインカムゲインのばらつきを小さくすることもできます。